医療事務就職の攻略情報!必須スキルを知って対策を

【医療事務の求人編】知って得する事務事情!

JOB.com

医療事務就職の攻略情報!必須スキルを知って対策を

女の人

医療事務に必要な資格を取ろう

医療事務の仕事は資格や学歴は要らないと言われていました。ところが診療報酬明細の作成を行うレセプトという作業は専門知識を有します。そのため民間資格の医療事務技能審査試験」や「診療報酬請求事務能力認定試験」などを保有しておくと就職したり転職する場合も有利になります。医療事務で病院やクリニックに就職する、派遣される場合でも経験者が優遇されることが多いので、そのような条件に打ち勝つためにも資格を習得しておいたほうが便利です。また未経験者でも一旦派遣といして働き、スキルを身に付けた後正社員になる人もいます。

未経験OK!初めて医療事務で働く人に優しい求人とは

医療事務は経験者が優遇されることも多い仕事です。ところが未経験者でも採用するクリニックや病院があります。特に求人情報に未経験者でも歓迎といったような記載があれば、医療事務の基本的知識が無くても採用される確率は高くなります。職場に入ってから実践的な業務を教えてもらいながら働く方もいます。また未経験者OKな職場でも、契約・派遣・パート・アルバイトといった雇用形態で実務経験を積むという方法もあります。

医療事務は残業が多い?

医療事務は残業が多い?長時間残業するような仕事ではありません。これは勤務先によっても異なりますが、予約診療が多い歯科クリニックなら比較的残業は少ないようです。また派遣かパート、アルバイトといった雇用形態によっても残業の有無が変わります。残業が多くなる理由は診療時間が過ぎても患者さんがいるケースです。特にお休みが続いた時や土日挟んだ週の始まりはクリニックや病院がオムことがあります。そんな時は会計が終わるまでかなり時間がかかることがあります。またレセプト請求時期(毎月10日まで)には業務量が増えます。どうしても残業するケースが増えますが、それ以外の日は定時に帰ることは可能です。

パソコンのスキルは必須!

実は事務員として派遣される場合でも医療事務の求人に未経験者OKとされていても一つだけ採用される確率が高まるスキルがあります。それがPCのスキルです。これは医療事務でも一般企業でも業務のIT化が進んでおり、どんな職場でもPCスキルは必須となっています。東京で求人を探す際は、スキルを身につけておきましょう。